ISOMETRIC PIXEL ART

ドット絵をめちゃくちゃ久しぶりに打ちました。
現在制作予定のゲーム用にマップチップ作ろうと思って打ち始めたのですが、めっちゃ楽しい。


特に クォータービュー (以降QV)は打っててめちゃくちゃ楽しいんですよ。 箱庭感に惹かれるのかな、ドット絵なのに奥行きや高低差が感じられてワクワクします 😳 橋があってその下を潜れたり、階段が縦横無尽に連なってたり。。。
QVが採用されるゲームは、シミュレーションゲームが多い印象。ただそっち方面はあまりやったことなくて、ドット絵を始めた頃にpixivとかでQVの作品を沢山見て「自分でもこういうのが描きたい!」と思って、一生懸命描き方を調べたりしてましたね。

制作予定のゲームは通常の見下ろし型で、以前 Pixi.js で作った爆弾少女 をアレンジしていこうかなと思ってます。
けどQVのマップチップ打ち始めたらこっちを作りたくなってきた。。。 QVって初心者が手を出す難易度じゃないよなー 💩


ドット絵はTwitterにも投稿してます。 今回非常に多くの人に閲覧してもらえました ✨
ありがとうございました!


Aseprite

今回ドット絵を打つために、ドット絵ペイントツールの Aseprite を購入しました。 GIFアニメーションやパレット、その他もろもろドット絵制作に便利な機能が満載のツールらしいです。


が、 Photoshopに慣れ親しんでる自分には全然馴染めなくて、結局全部 Photoshop でやってます。
ピクセルUIは、当初「凝ってるなぁ」と思ったのですが、ツールとして使う場合はデカいし、なんとなく見づらくて「どうなの?」と思います 😢
一応小さくもできますが、そうすると極端に小さいし。
せっかく買ったし、標準のUIも用意してくれるといいのになぁ。

アニメーションはPhotoshopよりもやりやすそうなので、機会があれば再チャレンジします!

今打ってるパラソル
NEWER POST
OLDER POST