Unity1週間ゲームジャムで「ジュゲム/ジュゲム」を制作しました

今年最後の Unity1週間ゲームジャム が、11/19より開催されています。
色んなゲーム制作者が、1週間でゲームを作るイベント。
4回目の参加です!

お題は 「10」 でした。
僭越ながら私から出させていただきました🙏 (第10回目の開催なのでこのお題に)

開発フェーズは25日20時で一旦終了。
投稿された皆さんお疲れ様でした。


ジュゲム/ジュゲム

今回作ったゲームがこちら。

ジュゲム/ジュゲム (unityroomへ)

謎のキモカワ生物”ジュゲム”を消していく、ハイパーカジュアルゲーム!

画面に表示される3タイプのジュゲムの中で、10匹いるジュゲムを当てるゲームです。
だんだん表示されるジュゲムの数が増えていくので、集中力と判断力が必要になります。
正解すると残り時間が伸びますが、ミスすると一気に減るので慎重に。

ランキングには参加していませんが、作者の私は450点超えるくらいです。

コンボで獲得スコアも上がっていく!

ジュゲムは全部で 10タイプ
ジュゲムはそれぞれ名前もあります。
ゲーム内のどこかに記載してるのでチェックしてみてくださいね😆 (命名テキトーだけど

unityroomtwitter でコメント、感想など、お待ちしております!!


今回の制作について

今週は仕事諸々でとにかく忙しかったので、遅刻も覚悟しつつ、最初から簡単なゲームにしようと決意。
10がテーマのゲーム、10ゲーム、じゅうげーむ、じゅげむ……という上手くない駄洒落にピンと来てしまい、 「ジュゲム」というキャラクターを使ったゲームにしようと、とりあえずキャラクターデザインから入りました。
通勤時間の電車でポチポチドット絵をデザイン。色数も絞って、4色パレットにしてます。

最初に生まれたのがこのおばけをモチーフにしたジュゲム。

名前は「ホロウジュゲム」

この謎生物がたくさんの種類いたら面白いかも?と思い、とりあえず10体デザインしてみることに。
「ポケモンやべー。。。数百匹いてそれぞれ個性あってすげー。。。」と生みの苦しみを味わいつつ、 Pinterest や Behance でクリーチャー、モンスター、敵キャラなどのキャラデザを漁って、とにかく打つ。
炎やうさぎモチーフのジュゲムは割と気に入ってますが、ヘビモチーフはまんま過ぎて今見るとちょっとキモいですね。。。
NHKで見かけそうなキャラもいますが、ギリギリセーフでしょう。

水曜深夜にはなんとか10体揃って、あとはごりごりコードを書くだけ。
開発はゲームがシンプルなので、比較的スムーズでした。
ランキング機能は主催者のnaichiさんが用意してくれています。(unity1weekで盛り上がる要素の一つなので絶対入れる!)
前回のホットペンギンアイスクリームでUIをカスタマイズしているので、それをほとんどそのまま移植。
金土はあまり開発に時間を割けませんでしたが、遅刻することなく日曜の午後過ぎには形になりました。

ちなみに「画面に人 or モノがたくさんあって、 その中で10個ある人 or モノを探すゲーム」というのは奥さんのアイデア。
自分が作ると変に難しいゲームになりそうだったので(後述)、この案を元に作ってます。
何度かテストプレイもお願いして修正しています。 やはり第三者の視点は大事ですね🙇

終わってみると、なんとなーく初参加時の作品に、ゲーム性が似てますね。。。

ジュゲム/ジュゲム (unityroomへ)


ザ・ストロングゲーマー

いきなりですが、ヘビロテ中のフォントを勝手に紹介しちゃいます。
今回含め、unity1weekの作品で3回連続で使用させていただいてるフォントです。

ザ・ストロングゲーマー

フォント制作者は 患者長ひっく さん。

UIパーツだけでなく、タイトルロゴでも使用しているお気に入りのピクセルフォントです。
名は体を表すとは正に、力強いボールド感がピクセルフォントながら非常に読みやすく、ベタ打ちでもいい感じになっちゃうので非常に使い勝手がよいです。
個人的にはカタカナの造形が好き 😘

ブロック崩し、ADV、パズル、ジャンプACT、音ゲー、クリッカー、STG、レーシング、記憶ゲー、ガンSTG

上記は今回のunity1weekのボツ案の1つ。(ブロック崩し、ADV、パズル、音ゲーetc…10種類のゲームを、同じキーバーインドで、同時にプレイするというアイデア。工数もやばいし、プレイ難易度もやばいし。。。と思い即却下)

ザ・ストロングゲーマーしか使ってないのですが、フォントパワー強しって感じですよね。
めっちゃカッコいい。。。

ひっくさんは他にも、 カッコいいピクセルフォントを多数 制作されています。
ドット絵ゲームを制作されている方は速攻インストールして試し打ちしてみましょう!!


unityroom アドベントカレンダー 2018

unity1week開発フェーズが終わったのもつかの間、実は unityroom アドベントカレンダー 2018 に参加させてもらいまして、担当は12/6なのです。
残り1週間ちょっとですが、進捗やばいです。
クォータービューゲームの簡単なマップ探索プロトタイプを展示させて頂く予定ですが、果たして。

unity1week作品を遊びたい気持ちを抑えて制作に励みます。。。とか言って遊んじゃうんだけど😇

NEWER POST
OLDER POST